車の維持費を考えてみませんか?詳しくはこちら

[重要] 車のバッテリーの役割と交換時期の目安

バッテーリーの知識

車の知識「バッテリー」編

車にとっての重要度:
節約できる度   :

車には様々な電装品があり、バッテリーの役割はとても重要です。

この記事では

・バッテリーの役割
・交換時期
・節約できるのか?

といった情報をお伝えします!

シンヤ

自動車業界歴15年以上のシンヤです。
シンプルにわかりやすくお伝えしたいと思います!

スポンサーリンク
目次

バッテリーの役割

車に使われている主な電装品
  • 車にとって大事な3要素の走る、曲がる、止まるに関わる全て
  • ドライブレコーダー
  • ETC
  • 携帯などの充電器
  • ヘッドライトなどの灯火類
  • 室内ランプ
  • エアコン
  • ナビなどのオーディオ類 

現在の車はほぼ電気を使って動いているといってもいいくらい電気を使っています。

なので「バッテリー」は車にとってとても重要なパーツの一つです。

・ガソリンを燃料する「ガソリン自動車」は最初にバッテリーの電気を使ってエンジンをかけます。

一度エンジンがかかるとバッテリーを充電する「オルタネーター」という部品が作動するので、ナビを使ったり音楽を使ったりしてもバッテリーが上がることはありません。

・ハイブリット車には「補機用バッテリー」と「ハイブリットバッテリー」があります。

補機用バッテリー」の電気を使って「ハイブリットシステム」を動かします。

シンヤ

バッテリー」はガソリン車とハイブリット車ともに最初動かすのに重要ですね!

バッテリーの交換時期

車の種類によってバッテリー交換時期の目安がかわってきます。

  • ガソリン自動車
  • アイドリングストップ機能がついた車
  • ハイブリット車

主に上の3種類の車を乗られていると思います。

ガソリン自動車アイドリングストップ車ハイブリット車
2〜5年2〜3年4〜5年
それぞれのバッテリー交換時期

上の表を見て「ん?アイドリングストップ車がバッテリー寿命が短いのはなんで?」

と思われた人もおられるかと思います。

アイドリングストップ車信号待ちの時にエンジンをOFFにして、また走り出す時にエンジンをONします。

その時にバッテリーの電気を頻繁に使うので寿命が短めになります。

シンヤ

僕はアイドリングストップをストップしてます!

燃費を考えてアイドリングストップ機能をついていますが、僕はエンジンをかけては止めてを繰り返すのがなーんか気になるのでアイドリングストップOFFする派です!

アイドリングストップ車のバッテリーについては次の記事も参考にしてください。

車を乗る頻度や走り方によってバッテリーの寿命がかわってきますので、定期点検を必ずしてバッテリーの状態を確認するようにしましょう!

節約できるのか

バッテリーをできるだけ安く交換する方法は、自分で交換することですがおすすめできません。

交換手順としては難しくありませんが交換作業中に他の電装品をショートさせて故障させてしまう可能性があります。

バッテリー交換は経験と知識を持った整備士に交換してもらいましょう!

まとめ

バッテリーは車にとって重要な部品ということお伝えしました。

バッテリー以外にも車を維持するうえで色んな消耗品がありますが、その中でも節約できる部品もあります。

車の維持費については次の記事も参考にして頂けたらと思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

それでは良いカーライフを!

バッテーリーの知識

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる