車の維持費を考えてみませんか?詳しくはこちら

ブレーキフルードっていつ交換する?車検?

車のブレーキ

こんにちは!自動車業界で15年以上働いている、シンヤ(@risinglife_blog)です。

この記事では車の「ブレーキフルード」について解説したいと思います。

正直、ブレーキフルードの交換が必要です!って言われてもほんとかどうかわかりにくいですよね?

私も車の知識がなかったとしたら、なんのこと?ってなります。

この記事でブレーキフルードのについてお伝えして知識として役立って頂ければ嬉しいなと思います。

この記事でわかること

・ブレーキフルードとは何か?

・ブレーキフルードの交換時期

結論から言うと、ブレーキフルードは車が止まるうえでとても重要なオイルです。

また、交換時期は初回車検では3年、以降2年毎に交換してくださいね。

車検については次の記事も参考にしてみてください。

それでは詳しく解説していきます。

スポンサーリンク
目次

ブレーキフルードってなに?

エンジンオイルは定期的に交換されていると思いますが、ブレーキオイルも一緒で定期的に交換が必要です。

エンジンオイルほど交換頻度は早くないですが、車検ごとの交換をおすすめします。

ブレーキフルードの役割

ブレーキフルードは、ブレーキペダルを踏んだ力をブレーキパッドへ伝える役目を担っています。

出典:曙ブレーキ

ただブレーキパッドを踏むだけでは車を止めることはできません。

簡単ではありますが、段階形式で説明します。

STEP
ブレーキペダルを踏む
STEP
ブレーキブースターが作動して踏む力を補助してくれる
STEP
圧力がかかったブレーキフルードがピストンを押す
STEP
ブレーキフルードの圧力で押されたピストンがディスクローターを挟む
STEP
車を止めることができる

以上の流れで車を止めることができるのですが、ブレーキフルードの役割と重要性がお分かり頂けたかなと思います。

ブレーキフルードの交換の必要性

ブレーキフルードは吸湿性が高く、長時間使うと空気中の水分を吸収してしまします。

水分を多く含んだブレーキフルードはオイル内に気泡をを発生させてしまって、ブレーキを踏んだ力を適切に伝えられなくなえいます。

その結果、ブレーキのききが悪くなり最悪の場合には事故の原因にないかねません。

ブレーキフルードの交換時期は?

ブレーキフルードの重要な役割と交換の必要性がお分かり頂けたかと思いますが、いつ交換したらいいのか?ですよね。

その答えは2年毎に交換するようにしましょう。

山道などハードな乗り方をされるかたはもう少し早く交換される方がいいですが、日常使いがメンイのかたは車検毎の交換をおすすめします。

ブレーキフルードの交換費用

作業料金 4400円〜(税込)
作業時間 30分〜

上記の作業料金と作業時間はオートバックスの情報です。

カーディーラーではもう少し高い金額設定でしょう。

ここで注意して頂きたいのが、安ければいいということでお店を選ぶのはやめておきましょう。

ちゃんと資格を持った整備士が在籍しているお店で整備してください。

オートバックスなどの大手カー用品店なら大丈夫かと思いますが、ガソリンスタンドのほうが安いからと言って安易に作業をしないようにしましょう。

そもそも資格を持っていない、交換の仕方もブレーキフルードのタンクの中だけ交換というのもありえますので…

そんなことをするお店がないことを願います。

まとめ

普段聞くことがないブレーキフルードについて話をさせて頂きました。

とても重要だということと、交換が必要だということをお伝えできたらと思います。

ブレーキフルードは

・2年毎に交換しましょう!

それでは良いカーライフを!

車のブレーキ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる