車の維持費を考えてみませんか?詳しくはこちら

車の維持費ってどれくらいかかる?内容を知って節約につなげよう!

車の維持費

かっこいい(かわいい)車が欲しいから今探し中!

前から欲しかった車を買うぞー!

でもちょっとだけ待ってください!

車を買った後にかかってくる維持費についても考えて車選びをしないと後で、「こんなはずじゃなかったー。」ってなるかもしれません。

自動車業界歴に15年以上いる私が「車の維持費」についてどんなものがあるのか??

そして節約できるものはあるか

ということを解説していきたいと思います。

この記事を読むメリット
  1. 車の維持費の詳細がわかる
  2. 車の維持費で節約できるものは何かがわかる
  3. 節約できたら他のことにお金を使える

結論を先に答えると、

車の維持費は節約できます!

できるものとできないものがありますが、今までカーディーラーや整備工場にすべておまかせしてます!って人はこの記事の節約ポイントを知ることでかなり節約できると思います。

それでは解説していきます。

スポンサーリンク
目次

車の維持費の種類

車にかかる維持費の種類は購入費をのぞいて、大きく分けると4種類があります。

維持費一覧
  1. 保険
  2. メンテナンス費
  3. 税金
  4. その他の費用

※節約できる順に並べています。

項目ごとに解説していきますね。

自動車保険

自動車保険には2種類あります。

自賠責保険

・公道を走る車はに義務付けられている保険で、車検のときに支払います。

任意保険

・任意の保険ではありますが、事故のときに自賠責保険ではまかなえない金額に備えるためにも必ず入ったほうがいいです。

・金額は、「年齢」、「車種」、「保証範囲」など」により金額は大きく変わります。

保険では任意保険が大きく節約できるポイントです。

メンテナンス費

車には色々な部品が組み付けられていています。

定期的に点検(車検や定期点検)をしなければいませんし、必要に応じて交換しなければいけません。

メンテナンスの詳細
  1. 車検代
  2. 消耗品
  3. 修理代

新車で購入したら3年後、以降2年ごとに受けなければいけない車検もかなり負担になりますよね。

車検を受ける際に一緒に消耗品を交換することも多々あると思いますが、カーディーラーで車検をした場合ですと車によりますが10万円は超えてくることも珍しくないです。

車検について節約の仕方について詳しくは次の記事を参考にしてください。

次に消耗品です。

消耗品一覧
  1. タイヤ
  2. エンジンオイル
  3. エンジンオイルフィルター
  4. バッテリー
  5. ブレーキパット
  6. エアコンフィルター

よく定期的に交換する部品だけでもこれだけあります。

どれも全然安くない!って思います。

消耗品の中で一番節約できるものは「タイヤ」です。

タイヤの節約方法は次の記事を参考にしてみてくださいね!

修理代

車に乗っていたら思わぬ故障が発生することもあります。

この故障をできるだけ防ぐには定期的な点検を受けて、故障しそうな部品を前もって交換したりして予防するしかありません。

信頼できる整備士がいるお店で定期点検を受けましょう!

点検にかかるお金も安くはありませんが、故障してしまうとさらにメンテナンス費用がかかる可能性がありますので点検費用を削減する(点検しない)のはやめておきましょう。

車の維持費 [まとめ]

車にかかる維持費はあわせると高額です。

節約できるポイントは

車の維持費で大きく節約できるもの
  • タイヤ
  • 任意保険
  • 車検

上の費用の節約を考えることで年間でけっこう金額の差が出てくるので一度考えてみることをおすすめします。

私は車が好きで色んなところへ行ったり、少し自分でカスタムしたりします。

でも車を持っているだけでけっこうなお金がいるってことを考えると残念な気持ちになります。

若者の車離れが増えていっているのもわかります。

私はたくさんの人にカーライフをもっと楽しんでもらうために、維持費を減らせたらもっと楽しめるんじゃないかな?という思いもあってこのサイトを作りました。

これからも良いカーライフを送れるような記事を書いていきますのでよろしくお願いします。

それではよいカーライフを!

車の維持費

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる