車の維持費を考えてみませんか?詳しくはこちら

ディーラー車検はなぜ値段が高いのか?

ディーラー車検

皆さんは愛車の車検はどこで受けられていますか?

多くの人はメーカーの看板を掲げているディーラーのお店で車検を受けていると思います。

でも値段高くないですか?

この記事では自動車整備士資格と自動車検査員資格を保有している私が「ディーラー車検が高い理由」をお伝えできたらと思います。

私が考える結論からお伝えすると

  • ディーラーで毎年12ヶ月点検を受ける。
  • 車検はディーラー以外の安くて信頼できるお店で。

詳しく解説していきますね。

スポンサーリンク
目次

ディーラー車検と他のお店との違い

ディーラーでする車検と他の値段が安いお店でする車検で何が違うのか?

それぞれ比較していきます

ディーラー車検値段が安いお店
車検してから1年後を考えている車検を通すだけ
工賃が高い工賃安い

車検をするときにはその車が車検に通る状態なのか?

という点検をする必要があります。

よく「車検見積もり」といいますが正式には24ヶ月定期点検と言います。

この点検で不具合がある部品があったりすると車検に通らないため交換が必要になってきます。

ここで交換が必要になる部品に関してはどのお店でも変わらないですが、ディーラーの場合は1年後の点検(12ヶ月定期点検)まで車の状態を維持できるような視点で点検しています。

これがディーラーが高いといわれる一番の理由です。

工賃や部品もディーラーは高いですが・・・

下記の記事で車の消耗品に関して書いているので、車の維持費を削減する参考にしてください。
>>>車の維持費について

次に、予測して整備することを予備整備と言われますがこの予備整備はどういうものなのかを解説します。

予備整備

予備整備とは「今は大丈夫だけどもうちょっとしたら交換が必要になったり、不具合が出てくるかも」

という消耗品や部品をあらかじめ交換しませんか?というものです。

車を安全に快適に乗って頂くという考えかたでは親切だとは思います。

ですがお店によっては売り上げ重視の予備整備をしているお店もあるのでなんとも言えないというのが私の考えです。

本当に必要な整備なのかを整備士のかたとしっかり話し合って決断することをおすすめします。

賢い車検の受け方

新車からディーラーで点検や車検を同じお店で受けているという人も多いと思います。

ですが最近の車は新車から5年くらいまで消耗品以外の不具合が出ることは少ないです。

私なら定期点検はディーラーでしてもらい、車検はできるだけ安くて信頼できるお店を探して車の維持費を削減します。

※定期点検は法律で決まっている点検で、受けなくても罰則などはないですが1年に一回くらいは点検してもらったほうがいいです。思わぬ不具合があったまま乗り続けて更なる故障が発生することもまれにあるので・・・

もしその間で不具合が感じられたら新車から5年または10万キロ以内であれば保証してもらえるかもしれないのでディーラーで点検してもらいましょう。

まとめ

ディーラーは確かに値段は一番高いです。でも信頼と安心感があってお世話になっているのだと思います。

それをふまえても私はディーラー車検は高すぎると思います。

家計に大打撃です(笑)

私がオススメするディーラーの活用方法は

STEP
12ヶ月点検はディーラーでしてもらう
STEP
車検は安くて信頼できるお店で
STEP
新車から5年10万キロ以内なら保証内なので不具合を感じたらディーラーへ

車検をできるだけ安くする方法は次の記事を是非参考にしてみてください!

それではよいカーライフを!

ディーラー車検

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる