車の維持費を考えてみませんか?詳しくはこちら

発煙筒は毎回車検で交換してませんか?LEDにしたら交換の必要ありません!

発炎筒

こんにちは!元ディーラー整備士で自動車検査員のシンヤです。

突然ですが、車に備え付けることが義務つけられている「発煙筒」って車検のときによく交換をおすすめされませんか?

画像のようなものです。※画像はLEDの発煙筒です。

普通の発煙筒の期限は4年で使用期限をむかえますが、ほんとに交換しないといけない?

って思ったことはありませんか?

今回は発煙筒について詳しく解説していきます。

この記事でわかること
  • 発煙筒は車検時、本当に交換しなければいけないのか?

結論を先にいうと、発煙筒は交換しなくていいです。

目次

発煙筒は車検時、本当に交換しなければいけないのか?

ディーラーや整備工場などで車検をするときに「発煙筒の有効期限がきれているので交換が必要です」

と言われて交換することが多いと思います。

その答えは「交換しなくてもいいです

車に関する法律は国土交通省が定める道路運送車両法に記載されています。

発煙筒は法律ではどう書かれているかは下記にリンクを貼っておきますね。

>>>道路運送車両法(発煙筒について)

※車の発煙筒は正しくは「発炎筒」です。

では車検に通らないのはどんな場合があるか?を説明します。

発煙筒が原因で車検に通らない場合

発煙筒が原因で車検に通らない理由をあげると

JIS規格の発煙筒がすぐ取り出せて使えるところにない

これ以外の理由は主にないです。

どの車にも発煙筒をいれるところがありますが、例えばグローボックスなど見えないところに入れていると発煙筒がないとみなされる場合があるので所定の位置に置いておきましょう。

国の検査場の検査員は発煙筒があるかないかしか見ていません。

ではなぜディーラーなどで交換をすすめてくるのか?

ですが、考えられる理由は2つあります。

発煙筒をすすめられる理由

ディーラーなどの整備士やお店の人が「発煙筒の有効期限が切れていたら交換」と勘違いしてる場合があります。

実際に私は自動車検査員の資格を取得するまではそう思っていました。

次に考えられるのは、独自のお店ルールです。

万が一発煙筒を使う場面になったとして、古すぎて使えなかったら意味ないですよね。

そういうことも想定して有効期限が切れた発煙筒は交換をおすすめしましょう!

とお店で決めている場合もあります。

値段にすると1000円弱で高くはないですが交換しなくていいのならしたくないですよね。

私もしている解決策をご紹介します。

発煙筒はLEDにしよう

この記事の冒頭でものせていますが、

LEDの発煙筒にしたら電池の交換は必要になるかもしれませんが発煙筒自体を交換する必要がなくなります。

私もLEDの発煙筒に替えていますが、人生でまだ一度も使ったことはありません。

発煙筒を使う機会はないかなーというのが私の考えです。

正直いらないなって思っている物に1000円弱のお金を払いたくないなっていうのが私の考えです。

ケチなんかな?って自分のことを思いますが・・・皆さんはどうですか?

LED発煙筒にしたら交換をおすすめされることはなくなります。

私はディーラーでお客さんに色々と商品をおすすめしていた側ですが、自分が逆の立場で色々おすすめされるのは好きではありませんのでその要素を1つ減らせるという点でもありかなと思います。

まとめ

発煙筒は車にないと車検に通りませんが、有効期限が切れていても車検には問題ありません。

ですが、古すぎる発煙筒ではもしものときに使えなかったら意味がないのでLEDのものにかえてしまうことをおすすめします。

私は車は好きで色んなところへ行ったりしますが、車の維持費って高いと思います。

どうすれば車の維持費を減らせるのか?を考えながらカーライフを送っています。

車の維持費の中で車検も高額な維持費の一つですよね。

車検をできるだけ安くする考え方について次の記事も参考にしてみてください。

それでは良いカーライフを!

発炎筒

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる