車の維持費を考えてみませんか?詳しくはこちら

自動車保険はネットではいる時代!車の維持費節約もできます!

自動車保険とネット

こんにちは!自動車業界で15年以上働いているシンヤです。

突然ですが、皆さんは車の自動車保険はどこで入られていますか?

一般的に車を買われた車屋さんで一緒に自動車保険に入られるって方が多いと思います。

お店経由で入られた自動車保険に入っていて、万が一事故などに巻き込まれてしまった場合にすぐ担当者に相談できるという安心感はあります。

ですが、事故などが発生したらお店ではなくまず保険会社に電話をする!というのはお店で加入した自動車保険もネットで入った自動車保険も一緒です。

自動車保険の内容が一緒でネットから入る自動車保険のほうが安かったらどちらから入りますか?

この記事ではダイレクト型(ネット)自動車保険に入るメリットをお伝えしたいと思います。

もちろんメリットだけではなく、デメリットもお伝えしていきます。

結論を先にお伝えすると、自動車保険を年間でかなり安くできる可能性があるので私は検討されることをオススメします。

この記事の内容

・お店で入る自動車保険とダイレクト型(ネット)自動車保険の違い
・ダイレクト型(ネット)から入る自動車保険のメリット、デメリット

目次

自動車ディーラー経由で入る自動車保険

車を買うときに一緒に自動車保険も加入するというのが一番多いパターンかと思います。

お店が保険代理店の場合が多いので、営業マンも保険の知識をある程度勉強していて相談しながら保険内容を決めていけるというメリットがあります。

保険料の面で考えると、ディーラー経由で入る自動車保険は代理店手数料が上乗せされていますので次に説明するダイレクト型(ネット)自動車保険より高くなります。

同じ保険内容でも金額の差がある場合が多いので、試しに下の「自動車保険一括見積もりインズウェブ」で現在の保険内容で見積もりしてみて下さい。

インズウェブSBIホールディングス株式会社が運営している自動車保険一括見積もりサイトの最大手です。

見積もりは無料でできるので、納得できなければスルーしても全然大丈夫です。

\ 無料で最大20社から見積もりできます /

自動車保険比較サイトのインズウェブについての記事は下の記事を参考に見てみてください。

ダイレクト型(ネット)自動車保険

先にメリットのほうからお伝えすると、お店(代理店)を経由していないので代理店手数料が発生しないため保険料が安くなる可能性が高いです。

同じ保険内容で保険料が安くなるというのがダイレクト型(ネット)自動車保険の最大のメリットですね。

次にデメリットですが、代理店経由で自動車保険に入るメリットでお伝えした保険内容を相談しながら決めれる。

というのがダイレクト型(ネット)自動車保険のデメリットになります。

保険内容で疑問に思うところがあれば各項目ごとに「〇〇とは?」という内容がわかるページを読むことができるのでそこまでデメリットにならないかなというのが私の考えです。

私がディーラーで自動車整備士をしていたころ、保険を勧める営業マンの説明をよく聞いていましたが深い保険の知識を持っているベテラン営業マンは店舗で数人でした。

そういう点もふまえるとダイレクト型(ネット)自動車保険を自分で内容を判断して加入するほうがいいと私は思います。

\ 無料で最大20社から見積もりできます /

まとめ

自動車保険って難しい言葉でわかりにいのでなかなか調べようと思わないし、そのまま任せとこうかなって思いますよね。

私もめんどくさがりなのでそう思います。

でも年間で数万円も保険料が下がって他のことに使えるって考えてみてください。

私は毎年一括見積もりして保険料を節約できないか考えています。

万が一のための保険ですが安いほうがいいですしね。

愛車の維持費の負担にもなる自動車保険を見直してみるのをおすすめします。

\ 無料で最大20社から見積もりできます/

他にも車の維持費で節約できるものはありますので次の記事を参考にしてみてください。

それでは良いカーライフを!

自動車保険とネット

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる