車の維持費を考えてみませんか?詳しくはこちら

車検をできるだけ安くする方法とは?

ディーラー整備工場

車検は高額で、できるだけ安く済ませたい!

車を所有している人なら誰もが思うはずです。

でもいくら安くしたい!って思ったからといって、交換が必要になってしまったものに対してはしっかり交換してメンテナンスしてくださいね。

自動車検査員資格を所有して実際に車検を行っていた私ができるだけ安く車検の金額を抑える方法考えかたをお教えします。

車検の費用を削減して他に使いたいところにお金を使いましょう!

\ 無料で最安値の車検が探せる /

目次

車検費用の内容を確認しよう!

新車で車を買った場合は3年後、それ以降は2年ごとに車検を必ずしなければいけません。

車検にかかる費用を確認してみましょう!

普通車と軽自動車の例で説明します。

・[普通車] 人気車種「VOXY」の場合

基本料金 16240円
自賠責保険料 20010円
法定費用重量税 32800円
印紙代 1200円
基本料金は楽天Car車検での全国平均

・[軽自動車] 人気車種「NーBOX」の場合

基本料金15090円
自賠責保険料 19730円
法定費用重量税 6600円
印紙代 1100円
基本料金は楽天Car車検での全国平均

法定費用自賠責保険料重量税印紙代についてはどこで車検をしても金額は変わりません。

自賠責保険料は下記の損保ジャパンで検索できます。
※通常24ヶ月分を支払います。

自賠責保険を調べる

重量税は下記国土交通省のサイトで検索できます。

重量税を調べる

車検代を削減できるのは基本料金だけです。
※上記の基本使用料は楽天Car車検で調べた全国平均なのでカーディーラーより安くなっています。

この基本料金をどうやって削減していくのかを考えていきましょう。

車検費用(基本料金)を安くするには?

基本料金には

  • 24ヶ月点検
  • 必要になった部品代
  • 部品交換工賃
  • 検査代行料または検査機器使用料

が含まれていますが、金額設定はお店によって変わります。

正直言うと、普通に高いお店はたくさんあります。

でも交換が必要です!と言われたら交換してしまいますよね・・・

確かに古くなった車は交換が必要になる部品が多くなってくるのは事実ですが、

新車で購入して最初の車検だったり、2回目の車検に関しては私の経験上でちょっとした消耗品の交換だけで大丈夫な場合がほとんどです。

次にできるだけ安く済ませるためのお店選びをお伝えしたいと思います。

安く車検をするお店選び

車検を信頼できるお店で安くすることができたら、その分美味しいご飯を食べたり欲しいものを買うことができたりできますよね!

是非そうして欲しいです。

メーカー系のカーディーラーは信頼と安心感はいいと思いますが普通に高いです。

カーディーラーの車検については次の記事も参考にしてください!

私は特別な故障をしない限りはいくことはありません。

では安く車検ができるお店はどう探すのか?

それは楽天Car車検を使った方法です。

>>楽天Car車検はこちら

今は誰もが知っている楽天全国の車検をできるお店を探してくれるサイトです。

探し方は本当に簡単です。

・安いお店を比較して予約ができる!
・早く予約すれさらに安くなるお店も!
・楽天ポイントがもらえる!
・クレジットカード払いができるお店も探せる!

私が一番おすすめする方法は

STEP
楽天Car車検でお店を比較して予約
STEP
支払いを楽天カードで支払い

楽天Car車検を使ってさらに楽天カードで支払うことができればポイントがかなりたまりますのでお得です。

楽天カードを持ってない!って方はすぐ申し込みできます。

年会費はずっと無料ですので持っていて損はありません!

まとめ

必ず2年、または3年ごとに車検を受けなければいけない車検費用を今回ご紹介した方法で是非安くしてみてください!

余ったお金でおいしいご飯やドライブ、欲しいものを買う資金にしてください。

私は車は大好きですし通勤で毎日乗っていますが、維持費に関してはできるだけ安くできる方法がないか考えて少しでもお金を浮かすようにしています。

注意点としては本当に必要な交換部品は交換してくださいね。

特に3回目以降の車検からは注意が必要です。

考え方の一例としては、しっかり点検整備をしてもらって車検は安いところへ行く!

私はそういう方法で節約しています。

\ 無料で最安値の車検を探せる /

それでは良いカーライフを!

ディーラー整備工場

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる