車の維持費を考えてみませんか?詳しくはこちら

車のリコールってなに?やらないでほっといても車は大丈夫!?

こんにちは!元ディーラー自動車整備士のシンヤ(@risinglife_blog)です。

今まで車のリコールの通知が届いたことはありますか?

車のリコールというと近年で話題になったのは「タカタ製のエアバック問題」ですが、それ以外にもリコールはたくさんあって対象の車を所有している人に通知が届いているはずです。

でもリコールが届いたからといって乗っている車が悪い!ということではないので安心してください。

車はすごくたくさんの部品を組み合わせて作られていますが、例えば「トヨタ」の車は全ての部品をトヨタが作っているわけではなくて違う会社が作っている部品もたくさんあります。

不具合の事例が報告されて、すぐに部品を交換しないといけないものもあればそうではないけど対象の部品なので交換しておきましょうというものもありますがどちらにしろ交換させてください!

ということだと思ってください。

今回は、

・リコールってなに?
・通知が届いたらどうしたらいい?

と思っている方にリコールについて解説していきます。

スポンサーリンク
目次

車のリコールとは?

リコール制度とは、設計・製造過程に問題があったために、自動車メーカーが自らの判断により、国土交通大臣に事前届出を行った上で回収・修理を行い、事故・トラブルを未然に防止する制度です。

国土交通省は、リコール届出の過程において、以下のような役割を担っています。

・不具合情報の収集・分析
・メーカーのリコールへの取組状況の調査
・取組状況が不適切であれば指導又は監査等
・届出内容が不適切であれば改善指示
・メーカーが自主的にリコールを行わず、かつ、事故が頻発している場合には勧告・命令

出典:国土交通省

ようするに、リコールをするのはメーカーの仕事で、適切にリコールを行っているのかを監督したり指導するのが国土交通省です。

ですのでメーカーはしっかり対応しなければいけない!というプレッシャーを感じるはずです。

ないことを願いますが、

もし適当にリコール対応をしたとして、それが国土交通省に知られたら会社は潰れるまではいかないにしてもだいぶ経営は傾きます。

リコールの通知が届いたらどうする?

リコールの通知が届いたらまず内容を確認してください。

どういうリコールなのか?

最悪の場合どうなってしまうのか?

などの詳細が書いてありますので必ず確認して、最寄りのディーラへ予約の電話をしましょう!

部品の在庫がない場合もありますし、作業をスムーズに行なってもらうためにも予約をしてからお店にいきましょう。

早くリコール作業するほうが安心ですよね。

リコール期限はある?

通知が届いていたことは知ってはいたけど忘れてしまっていた。

そんなときもあるかもしれません。

リコールに期限はありません。

リコールは対象の車全てに対応しなければいけないので部品もその分用意しています。

例え何年かたってしまっても対応してくれますので安心してください。

中古車で買った場合でも通知は届く?

中古車販売店で車を買った場合でも通知が届くのか?

しっかり届きます。

リコールは対象の車の製造番号を調べて国土交通省に届けています。

ですので車検証の登録に誤りがなければ確実に届来ます。

リコールについて自分で調べたい!というかたもおられると思います。

簡単に検索できるので下記のリンクから調べてみてください。

まとめ

以上、リコールについてお話させて頂きました。

リコールの通知が届いたら早めにディーラーへ作業予約しましょう。

不具合が出てしまってからでは遅いですし、万が一事故の原因になってしまって「リコール作業しとけばよかった〜」ってならないようにしましょう。

リコール作業をしていなかったら車検が通らない場合もありますので注意が必要です。

車検でまとめてリコール作業や消耗品の交換をする方も多いと思いますが、私は車検でまとめて消耗品を交換するのはおすすめしません。

まとめてするとかなり高額になるケースが多いからです。

車検に関しての記事も参考に読んでみてください。

それでは良いカーライフを!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる